Top > L85A2

L85A2 の変更点

&attachref(./xp1_l85a2.png,nolink);
#htmlinsert(youtube,id=5M1gpBNcIfU)
#htmlinsert(youtube,id=UCtCOT1Fgyk)
#br
#style(class=dd_bluetable){{
|BGCOLOR(#325488):COLOR(#fff):270|426|c
|製造国|&attachref(./uk.png,nolink);イギリス|
|設計 / 製造|ロイヤル・オードナンス|
|使用弾薬|5.56x45mm NATO|
|ロック解除|DLC Back to Karkandを導入しFAMASをロック解除後&br;アサルトライフルで100キル&br;装着型グレネードランチャーで20キル&br;分隊デスマッチで5回勝利|
|マガジンサイズ|30 発|
|弾薬|30+1 / 124|
|弾薬 (AMMO装備時)|30+1 / 217|
|弾速|600|
|連射速度|650 RPM|
|射撃モード|フルオート / セミオート |
|アンダーマウントレイル装着中&br;マウント効果|無し|
|有効射程距離|長距離|
|最大射程|900m|
|威力|25.0-18.4|
}}
#br
**lron sight [#m9be695c]
&attachref(./l85a2.png,nolink,150%);
**OPTICS [#lb8f0244]
#table_edit2(,table_mod=close){{{
#style(class=dd_bluetable){{
|BGCOLOR(#325488):COLOR(#fff):200|RIGHT:100|c
|ACOG (4x)|10 Kills|
|Reflex (RDS)|50 Kills|
|Holographic (HOLO)|80 Kills|
|IRNV (IR 1x)|100 Kills|
|Rifle Scope (6x)|125 Kills|
|M145 (3.4x)|150 Kills|
|PSO-1 (4x)|200 Kills|
|Kobra (RDS)|235 Kills|
|PKA-S (HOLO)|270 Kills|
|PKS-07 (7x)|300 Kills|
|PK-A (3.4x)|350 Kills|
}}
}}}

**PRIMARY [#a73ac5a0]
#table_edit2(,table_mod=close){{{
#style(class=dd_bluetable){{
|BGCOLOR(#325488):COLOR(#fff):200|RIGHT:100|c
|Foregrip|30 Kills|
|Bipod|60 Kills|
}}
}}}

**SECONDARY [#e929a108]
#table_edit2(,table_mod=close){{{
#style(class=dd_bluetable){{
|BGCOLOR(#325488):COLOR(#fff):200|RIGHT:100|c
|Heavy Barrel|20 Kills|
|Tactical Light|40 Kills|
|Suppressor|70 Kills|
|Laser Sight|90 Kills|
|Flash Suppressor|175 Kills|
}}
}}}

#br

*解説 [#oe30d5b1]
L85はイギリスが開発したブルパップ方式のアサルトライフルであり、SA80ファミリーの一つである。
#br
イギリス軍は複数の改良を施したL85A1を採用したもののそれでも信頼性は低く、また重量も増加したため、ドイツを代表する銃器メーカーのH&K社が大幅な改修を行った。
改修といっても、L85A1配備開始から続出した各種作動不良(排莢不良、極地での耐久性能不足、弾倉の不具合による装填不良、…その他総計50カ所強)を改善し、信頼性を向上させるのが目的である。
この大規模な改修により、作動不良の回数は平均25,200発に1回と劇的に低下したが、H&K社のG36等が買える程度の改修費用が掛かってしまった。
なお、重いと評されることの多い本銃であるが、これはSUSATスコープ等の標準装備品によるものが大きく、銃本体は3.82kg(参考までに[[FAMAS]]は3.8kgである)程であり、他のスチール加工を多用した銃とほぼ同じ重さである。
#br
L85は後にバリエーション展開されており、ロングバレル化しバイポッドを装着、機関部下にグリップを追加した分隊支援火器モデルの[[L86シリーズ>L86A2]]が存在している…が、マガジン装填式故に装弾数の少なさが指摘され、後にMinimiに置き換えられた。それでも精度が良いという理由により、選抜射手用のライフルとして一部の部隊に使用されている。他にも少数生産のカービンモデルや、訓練用の単射オンリーのモデル等もある。
ちなみに対テロ特殊部隊の第一人者として知られるイギリス陸軍特殊空挺部隊・SASはL85シリーズを使わず、前制式小銃のL1A1(イギリス仕様のFAL。フルオートが省略されセミオートオンリーになっている)やC7(カナダ製M16)を使用している。また、この改修実績を見込んだアメリカ軍はH&KにM4の改修依頼を出し、それに応えたH&K社はHK416(本作で言うM416)を送り出している。
L85は後にバリエーション展開されており、ロングバレル化しバイポッドを装着、機関部下にグリップを追加した分隊支援火器モデルの[[L86シリーズ>L86A2]]が存在している…
が、マガジン装填式故に装弾数の少なさが指摘され、後に[[FN MINIMI>M249]]に置き換えられた。それでも精度が良いという理由により、選抜射手用のライフルとして一部の部隊に使用されている。他にも少数生産のカービンモデルや、訓練用の単射オンリーのモデル等もある。
ちなみに対テロ特殊部隊の第一人者として知られるイギリス陸軍特殊空挺部隊・SASはL85シリーズを使わず、前制式小銃のL1A1(イギリス仕様のFAL。フルオートが省略されセミオートオンリーになっている)やC7(カナダ製M16)を使用している。また、この改修実績を見込んだアメリカ軍はH&Kに[[M4]]の改修依頼を出し、それに応えたH&K社は[[HK416>M416]]を送り出している。
#br
余談だが、L85A1が現役であった頃は上にもある通り動作不良のお陰で使い物にならず、イギリス軍は果敢に銃剣突撃を行い、成功した。
また、バッキンガム宮殿の衛兵も儀礼用小銃ではなくL85A2を装備しており、伝統的な衣装と無骨なL85A2が、なんともいえない違和感を醸し出している。
#br
なお、H&Kによりまた改修された「SA80A3」のプロトタイプが2016年9月に公開され、イギリス軍の保持するL85A2のうち5000丁が2017年5月までにA3へと改修される予定である。
*ゲーム内紹介文 [#y9102044]
SA80シリーズに属するL85は、イギリス軍の標準アサルトライフルである。

*アドバイス [#ebf93d48]
条件に「分隊デスマッチ5勝」が含まれているため、アンロック難易度が少し高い英国紳士のブルパップ式AR。
ブルパップ式のため移動時の精度が少し良く、また腰だめ精度も高めである。

#br
歩兵が扱う銃では指折りのリコイルの低さで、等倍はもちろん3.4xや4xをつけてのフルオートでも使いやすい。
パッチにより精度が向上したため、リコイルの小ささも相まって中遠距離特化のARになった。
レートはAR中3番目の遅さなので、近距離や咄嗟の遭遇戦では撃ち負けやすい。
最前線の運用は避け、味方より一歩後ろでしっかりとカバーする立ち回りに向いている銃と言える。
#br
パッチ1.06でバースト射撃は削除された。
またプレミアムユーザーには専用迷彩が追加された。
*コメント [#m9dd7b25]
#pcomment(,reply,10,)