Top > M224 Mortar

M224 Mortar の変更点

&attachref(./M224_mortar.png,nolink);

#htmlinsert(youtube,id=COEVuuAASVw)

#style(class=dd_bluetable){{
|BGCOLOR(#325488):COLOR(#fff):270|426|c
|製造国|&attachref(M16A3/usa.png,nolink);アメリカ|
|使用弾薬|60mm|
|ロック解除|40,000|
}}

#br

*解説 [#u8b420d4]
個人で携行できる迫撃
榴弾(CS版で方向キー右)とスモーク弾(方向キー右)が使用可能。弾種はそれぞれリロードが独立しているため、互いのリロード中に交互に撃つことも可能。
榴弾(CS版で方向キー左)とスモーク弾(方向キー右)が使用可能。弾種はそれぞれリロードが独立しているため、互いのリロード中に交互に撃つことも可能。
当然であるが、屋根のある場所で撃っても届かない。弾道上にオブジェクトがあればそこに当たる。
使用中はミニマップに専用のアイコンで表示される。

*ゲーム内紹介文 [#ddb7634a]
M224 60mm迫撃砲は砲弾やスモーク弾を発射し、間接的な位置から制圧射撃や煙幕を張ることが可能。 

#br

*アドバイス [#j9525ffe]
ミニマップに座標を合わせて発射するので非常に使いやすいが、マップやルールによっては全く役に立たない。
発射から着弾まで6秒程度あるため、動く歩兵に当てるのは難しく非効率。
そのため、固定砲台化した戦車・迫撃砲・狙撃兵等の排除や、MCOMの設置解除妨害が主な使用目的となる。
&br;

榴弾の即死範囲はそこまで広くないが、爆風に当たると50ダメージくらいはもっていけるし、割りとクロスヘアの中心に当たってくれるので、動かない敵・まとまっている敵に対しては強力。
相手が静止していれば、戦車をはじめとした各種地上兵器に対しても効果的。直接の撃破はもちろん、破壊に至らずとも有効な攻撃位置からの移動を強いる事ができ、また車両付近で修理中の工兵がいればまとめて排除できる。
迫撃砲を構えているときは地上乗り物に乗ってる状態と同じなのでジャベリン等の誘導兵器のロックオン対象になる上、ほかの装備と同じく爆発に弱いため敵の迫撃であっさりと死んでしまう。
迫撃砲を使うときは敵の迫撃砲を優先して攻撃し、あまり同じ場所で使い続けないように注意しよう。砲撃中にミニマップに敵の迫撃砲マークが表示された時はこちらを狙っている可能性が非常に高いので急いでその地点から離れるように。
マークが表示されてから弾着まで意外と短いので注意するように。弾薬箱を置いてからその近くで迫撃砲を展開すれば代えの迫撃砲が補充されるので再展開が容易になる。
#br

地味ではあるが、スモーク弾もなかなかに強力。頭上が開けていればほぼ全ての場所に煙幕を張れるという特性は、上手く味方と連携すれば攻守の両面で大きな効果を発揮する。
突撃兵のスモークグレネードと同じく、スモーク弾は味方を隠すのではなく敵の一歩手前に撃ち込み、相手の視界を塞ぐように撃とう。
#br


構えているだけでは敵ミニマップ上に映らないが、砲撃を開始するとスポットされていなくても常に映るようになる。但し迫撃砲から離れるとスポットされない限り敵ミニマップ上に映らなくなる。夢中になって後ろから首を掻かれないように。また、マップによっては室内からでも迫撃砲が使えるのでカウンター迫撃砲を気にせず延々と撃つことができるが後方から撃った迫撃砲で取る1キルよりも前線に投下する弾薬箱の方がチームにとってはるかに有益という状況もままあるので、有効な使いどころはよくよく見極めたい。
#br

*コメント [#v5099e99]
#pcomment(,reply,5)

#br